Twitterの運用を運用代行会社に委託するメリット(7つ)

バケット代表の秋山です。

最近は、企業のTwitterアカウントの運用を自社スタッフで行わず、外注・アウトソーシングするが当たり前になっている感があります。

そもそもどんなメリットがあるんでしょうか?
7つのメリットについて、簡単にまとめてみましたので、ご参考にしていただければと思います。

1) 想定した効果が出る確率が高い

1つめは、一番重要な効果について。
SNS運用代行会社は、多くのアカウントを手掛け、Twitterでできること、できないことをある程度把握しています。目標に対して、運用の方針、投稿の企画、コンテンツの作り方、広告などを駆使して達成する方法を使い分ける精度の高さが武器です。
基本的に、弊社の場合は、効果が出そうにないものはお断りしているので、引き受けた以上は一定の勝算がある場合が多いです。

2) 人件費が削減できる

2つめは、コストについて。
SNS運用代行事業者は、経験のあるスタッフと効率化を追求した運用体制や運用スキーム、ツールを持っています。社内のスタッフが自前で行う場合と比べて、運用にかかる時間はより洗練され筋肉質になっているはずです。効率的に運用ができるため、結果的に社内での運用よりも安くなります。

3) 今のTwitterの必勝パターンが手軽に手に入る

3つめは、ノウハウについて。
SNS運用代行事業者は、たくさんのアカウントの運用を手掛けており、それらのノウハウを社内に蓄積しています。Twitterユーザーの趣向はものすごいスピードで変化していくので、アカウントをスタートする時点で「今、何が正解か」を提供できます。内部スタッフでゼロから試行錯誤するより効率的です。

4) 新しいトレンドにいち早く対応できる

4つめは、情報のキャッチアップ。
Twitterは変化の激しいSNS。仕様変更や、ユーザーの使い方の変化などで、企業アカウントがやるべきことが日々変化します。半年前と同じことをしているとしたら、それは既に劣化していると考えていいと思います。そのトレンドをいち早く察知し、そのたびに新しい運用方法を提案します。

5) 炎上のリスクが低い

5つめは、リスク軽減。
Twitterは共感のメディア。どういうことをするとネガティブな反応が起こるのか、を判断する目が必要です。
例えば、弊社は10年行っていますが、サポートしている企業アカウントが炎上したことはありません。炎上中のアカウントの火消しは何度も経験ありますが。

6)従業員教育が不要

6つめは、教育について。
企業の顔を任せる社員には一定の教育が必要です。Twitterならではの流儀やマナー、そもそものビジネスアカウントとしてのユーザーとの距離感など、従業員のリテラシーに依存してしまうリスクもありません。

7) 社員の異動にも安心、長期的に取り組める

7つめは、永続可能性について。
担当社員が異動になり、SNSの更新が止まってしまう、品質が変わってしまう、というアカウントも多くみられます。
Twitterの運用代行会社を活用すると、自社の社員の異動に影響されず、長期的視野でTwitter活用に取り組むことが可能です。

ひとまず、こんなところかなと。
また、内部で経験を蓄積しても、すぐ陳腐化しますしね。

デジタルオペレーションは全体的にオペレーションによる改善が簡単で効果に直結しやすいので、思い切って外部の専門チームを持ちながら、社員の皆さんは本業に集中するという選択は、とても重要だと思います。

そう考える時には、一度ご相談ください。