LINEを使ったキャンペーンとは?タイプ別に徹底解説

他のSNSメディアと比べてアクティブユーザー数が圧倒的に多いLINEなら、ビジネスに上手く活用することで、企業の知名度アップや顧客数の増加に繋げることも可能です。

今回は、LINEを使ったキャンペーンの応募方法を過去の事例をもとに解説していきます。

●LINEを使ったキャンペーンの事例

・レシート型
対象商品となる購入したら企業のLINE公式アカウントを友達追加し、購入したレシートを撮影して送信することで応募が完了します。
レシートの印刷やはがきの郵送に手間がかかる従来のキャンペーンと比べて、画像を送るだけで簡単に応募できることので、さまざまな企業がこのキャンペーンを取り入れています。

ローソンでは、700円の購入毎で引ける「スマホくじ」を引くと豪華な商品を引き換えできるクーポンがもらえるキャンペーンを定期的に実施しています。

https://spexperts.jp/lawson/cp004/

・アンケート型
LINE公式アカウントを友だちに追加後、応募フォームからアンケートに回答する方法です。商品の満足度、不満や改善点といったユーザーの声を知ることができるので、マーケティングにも大いに活用できます。

ANA参天製薬では、2020年2月から3月にかけて、期間中にアンケートを回答すると「ANA旅行券 10万円分オリジナルグッズ」が抽選で毎月1名に当たる「毎月旅行に行けちゃうキャンペーンSTAND BY ME ドラえもん2 オリジナルグッズプレゼントキャンペーン」を実施しました。

https://direct.cnpt.jp/campaign/santen/lp/9000505011002#oubo

・友だち追加型
LINE公式アカウントを友だち追加するだけでキャンペーンに応募できます。ユーザーは対象アカウントを友だち追加するだけで参加可能です。企業側は友だちが増えることで、キャンペーンの告知やリピーターの増加、売上アップなどに繋げられます。

カゴメでは「LINE友だち限定キャンペーン」と題して、抽選で毎月100名にカゴメ商品の詰め合わせセット3000円分相当のプレゼントするキャンペーンを実施しています。

https://www.kagome.co.jp/campaign/linefriend/

●バケットでのLINE活用支援サービス

株式会社バケットでは、企業のLINEアカウントの運用代行・活用支援を行っています。
運用イメージに合わせた最適なプランのご提案も可能ですので、メールアドレス media@bucket.co.jp まで、お気軽にお問い合わせください。

株式会社バケットでは、加速する企業のSNS活用方法の多様化にあわせ、きめ細かな活用支援サービスを今後も提供してまいります。