写真が動く“シネマグラフ”はSNS投稿の切り札になるか!? 制作サービス開始のお知らせ

 

SNS運用をはじめとしたデジタルマーケティングの支援サービスを手掛ける株式会社バケットは、これまで企業様の様々なメディアに最適なコンテンツの提供を行ってきました。

この度、提供サービスの一環として、写真の一部が動く「シネマグラフ」の製作請負を開始いたします。

 

シネマグラフとは? SNSマーケティングの最終兵器!?

 

 

写真のように見えてなぜか一部分だけ動いている奇妙な映像。
それがシネマグラフです。

一部分だけ動くってどういうこと?
そんなシネマグラフを手っ取り早く理解したい方、まずはこのmimmamさんのPVをご覧ください。

 

いかがですか?
一見、写真のように静止している映像なのに、なぜか一部分だけ動いていて、変な違和感を感じませんか?
この、“静止画なのに動いている、動画なのに動いていない、どっちつかずの表現手法”
それがシネマグラフなんです。

SNSマーケティングの世界では、Facebookでは動画形式の投稿がより重要になり、Twitterでは手軽な動画が楽しめるGIF(Graphics Interchange Format)形式のコンテンツが再評価されるにしたがって、このシネマグラフのコンテンツが再び注目されているように思えます。

実際、コカ・コーラさんも、Twitterでこんな投稿を行っています。

 

 

マンネリ化しがちなSNS運用の中で、このシネマグラフ形式の投稿を導入することで、投稿に変化をつき、ファンに楽しんでもらうことが可能です。

 

シネマグラフってSNS運用にどんな効果・メリットがあるの?

「投稿に変化をつける」という意味合い以外にも、
様々な企業様のSNS運用支援をさせていただいている私たちには、このシネマグラフをお勧めするそれなりの理由があります。

それは、関心誘導が効果的に行えること。

例えば、↑のGIF動画だと、ネコのシッポをなぜか見てしまいますよね。

通常の静止画や動画では難しい「注意を払ってもらいたい対象に、注意を払ってもらえるように誘導する」ということが、シネマグラフという表現形態では比較的観点に行えるんです。

どんな活用をするかは、皆さん次第。今回開始したシネマグラフの制作請負サービスでは、目的に最適な企画を行います。

 

気になる費用は

 

はい、○○円!
と言いたいところですが、撮影や制作にかかる手間が様々ですので、制作費用は個別お見積りとさせていただきます。

撮影対象がモノで簡単なものだと1本5万円~(企画/撮影/編集含む)。

ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお問い合わせください。